学生の希望勤務地について

map

こんにちは。ガクセン運営局の若林です。

今回は、ガクセンに登録している学生の新卒での志望勤務地についてご紹介します。

現在、ガクセンには「関東」「東海」「関西」「沖縄」「海外勤務」「どこでもOK」

「その他」の7つのタグがあります。これは東海支部、関西支部など関東以外での支部も増えてきたことにともない、全国の学生に合わせて作ったのですが、ではそのうち、どこでもOK=全国で仕事ができます!と答えた学生はどのくらいでしょうか?

正解は、割合にして

2017年卒=67.3%

2018年卒=74.6%

となります(2016年8月現在)。

もちろん、学生の中には特定の地域にこだわりを持って就職活動を進める方もいらっしゃいますが、基本的には、ガクセン登録学生の3人に2人以上は、全国、または海外などに目を向けていると言えるでしょう。また、ガクセンの優秀な学生たちは、「規模」「エリア」「業種」よりも、「その会社にどんな社長がいるのか」「どんなビジョンがあるか」「そこにどういったビジネスモデルがあるか」そして、「自分がどう関わっていけるか」で企業を判断しています。それは彼らが学生生活で、地方や国の垣根を越えて、さまざまな人たちと交流してきた賜物と言えます。

「ガクセンを日頃から見てはいるけど、うちは東京じゃないしちょっとなあ~」こんな悩みを抱えている企業さんも、恐らくはいると思います。しかし、ご安心ください。ガクセンに登録している優秀な学生たちは、地域の垣根を超え、自分の目で企業を判断できる方たちが揃っています。特に就活時期になると、ガクセンからオファーをすると、学生が全国から面談に来て、むしろ地方の学生の方が割合が高くなることもあります。彼らは恐らく転勤などに対しても抵抗なく、「新しい世界を見る」ことに対して貪欲であるとも言えるでしょう

「ガクセン」への登録に、地域による差はありません。学生たちが常に広い世界を見ている以上、採用をする企業も、広い垣根で活動をすることが求められるはずです。

 

SNSでもご購読できます。