採用活動は経営者が率先して行う

president

多くの企業では採用担当者が採用活動を行うことが多いと思いますが、ガクセンでは経営者が採用活動に参加することをお勧めしています。

最も会社の魅力を語ることができるのは経営者

会社の中で経営者以上に会社の魅力を語ることができる人物はいません。特に会社の顔である社長が、学生にビジョンや想いを直接伝える機会を設けることをお勧め致します。もし経営者がビジョンや想いをうまく伝えられないのであれば、学生からの期待を引きつけることは難しいでしょう。

一次面接でいきなり社長が面接を行うとインパクトが大

通常、一次面接は担当者から始まり、回数を重ねるにつれて部や課の責任者といった役職者が面接する方法が一般的です。そのため、最初から役職者が面接を行うことで学生に対して大きなインパクトを与えることができます。それだけ本気で考えていることを伝えることができるはずです。

なお、ガクセンには社長が一次面接を行いたいと思って頂けるほど優秀な学生に多数登録頂いています。お気軽にお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。