早めの声掛けで学生との接点づくりを

early_contact

新卒採用において、倫理憲章により提唱されている採用活動の解禁時期に従う場合、どの企業も同じスタート地点に立つことになります。こうなると、特に中小企業は割り当てることができるお金、人員のリソースに限りがありますので、「不利である」と言わざるを得ません。

そこで、中小企業がとるべき方法のひとつとして、翌年度の卒業年度の学生に対してアプローチを行うことをお勧めします。選考を行わないまでも、アルバイトやインターンなどで学生を受け入れ、積極的に接点を作っておくことが大きなアドバンテージになります。

と言うのも、実際に会ったことがあるという経験は企業側、学生側の双方にとって印象に残りやすいためです。また、早期に声をかけられた学生も「こんな早い段階に声をかけてもらえた」と感じてもらい、よりモチベーションを高くアルバイトやインターンに参加してもらえる可能性があります。

なお、ガクセンでは1年間の契約期間のうちにコンタクトを取ることができる学生の卒業年度に制限がありません。そのため、その年の卒業年度の採用を行いつつも、翌年の卒業年度の学生に声をかけることができます。中小企業が早めに行うべき採用戦略についてご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

SNSでもご購読できます。