スカウトメールは一人ひとり異なる文章で

typing

ダイレクトリクルーティングを行う場合、企業から学生への最初のコンタクトはダイレクトリクルーティングメディアを通じて送るオファーメールや、SNSを通じたテキストメッセージを送ることが多くなるでしょう。その際に気をつけて頂くポイントとして、学生に対して送るスカウトメールは一人ひとり異なる文章で送ることが重要です。

複数人にメールを送る場合、名前の部分だけ変えて文章を使い回すことでメールを作成する手間を省くことができますが、それを読んだ学生は誰に送っても問題ない文章であることを察知し「無差別に適当に送っているんだな」と思われてしまいます。

全ての文章が異なるものである必要はありませんが、少なくとも最初に読まれることになる冒頭の3行程度はその学生に合わせた文章を書かれることをお勧めします。

また、文章の内容はなるべく具体的に書くことが重要です。その学生のどういった部分に可能性を感じたのか、どんなところが会社とマッチしそうなのかといったように、学生一人ひとりをしっかりと見ていることを伝えましょう。

 

SNSでもご購読できます。