継続的に接点をつくる

communication

以前も少しお話しましたが、内定後に内定式に出席し、来年からその企業で働くことを約束したにも関わらず、その後キャンセルをしてしまう学生が増えています。これにはさまざまな要素が考えられそうですが、そのひとつとして、企業の人とあまり接触する機会がなかったため、その企業への関心が薄れてしまい内定を辞退してしまう、ということも要因として挙げられるでしょう。

就職活動開始の時期は近年3年の12月から、4年の4月からなど変動がありますが、基本的には初めてその学生が説明会に参加してから、内定までの時間はそれほど長期にわたるものではありません。そのため、学生からの内定辞退もリサーチ不足というよりも、現在の就活システムの欠点を反映したものと言えるかもしれません。

その対策としては、中小企業の場合、新卒の採用活動以前に、長期のインターン、アルバイトなどで学生と継続的な接点を持てるようにすることをおすすめします。それは直接採用につながる以外でも、いまの学生のトレンドの理解、また採用に当たっての課題が見えてくることなど、さまざまなメリットが存在します。

「ガクセン」には就職活動を直前に控えた3年生以外でも、かなりの実績をあげている1年生、2年生も多数存在するため、ぜひ、ガクセンを積極的にご活用ください。

SNSでもご購読できます。